SEO対策3大要素 タイトル・ディスクリプション・h1タグの設定

SEO対策の基本-サムネイルSEO

今回は、SEO対策の基本のタイトルタグ・ディスクリプションタグについてご紹介します。

SEO対策とは?って方は、こちらをご参照くださいませ。

SEOとは?

まず、タイトルタグ・ディスクリプションタグなどを入力したことが無い方、よくわからないという方はAll in One SEOのプラグインをインストールしてくださいね!!

SEO対策の基本-イメージ画像1
スポンサーリンク

タイトルタグ・ディスクリプションタグの内容を設定しよう!!

All in One SEOをインストールすると、下の画像のようにメニューに「All in One SEO」の項目が増えているので、そのメニューで検索の外観を選びます。

すると下の画像のようにホームページの部分にサイトのタイトルとメタ説明という入力部分があるので、そこに記載します。

SEO対策の基本-イメージ画像3

あれ?ちょっとまって!!ちょっと見た目違う!!

そう思われた方は、恐らくこの画像のような形でしょうか。

SEO対策の基本-イメージ画像2

この画像のように静的ホームページを使用しているため~の表記が出ている方は、WordPRESSの用意されているテーマを利用してる方かと思います。

この場合は、この画面ではなく。フロントページに設定している固定ページの部分で入力します。

例えば、私の場合は、フロントページを固定ページで「トップページ」という名前で作成したので、その「トップページ」という固定ページを選びます。

SEO対策の基本-イメージ画像4

ページを開くと。

SEO対策の基本-イメージ画像5

このように、本文入力部分の下部に入力画面があるかと思います。

ここに入力したらOKです。

では、どのような感じがいいのでしょうか。

実は、タイトルタグもディスクリプションタグも文字数制限があります。

各項目の入力欄右下に推奨される最大文字60個のうち〇〇個という表記があるかと思います。

この文字数以内にしてください。

ただ、タイトルもディスクリプションも文字数制限内なら何でもいいのかと言われるとそうではありません。

(もちろん、自由に決めれるので、ご自身が良い!と思った内容ならそれでもいいのですが。)

ではSEO的なことを意識して記入するとなるとどうしたらいいのかをご説明いたします。

スポンサーリンク

SEOを意識したタイトルタグ・ディスクリプションタグの内容

ここからは私の私見も入ります。

まずタイトルタグ・ディスクリプションタグについては下記を意識してください。

・タイトルタグは25文字以内推奨(長くても27文字以内が推奨)

・ディスクリプションタグは74文字以内推奨(長くても110文字以内が推奨)

この文字数には理由があります。

まず、あなたが日本国内向けのユーザーにサービスを展開していたり、日本国内の方に検索してほしいと思っているとします。

日本国内でユーザーが何かを検索する時、検索エンジンの90%をGoogleが占めています。

そして、残りをYahoo!や他の検索エンジンが占めています。

恐らく、これを読んでくださっているあなたもGoogleを利用している確率は高いかと思います。

※検索以外にも、地図アプリでもGoogleマップを使っているということも多数います。

そして、Yahoo!は検索エンジンでGoogleを参考にしていると言われています。

ということは、GoogleをメインにYahoo!ユーザーのことも意識したSEOが最も効果的だとわかります。

そして、2021/1月時点で、私が検証した結果がこちら。

タイトルタグ

※PCはパソコン画面 SPはスマートフォン画面(iPhone11)

Google検索(PC)27文字まで表示

Google検索(SP)35文字まで表示

Yahoo!検索(PC)25文字まで表示

Yahoo!検索(SP)27文字まで表示

ディスクリプションタグ

※PCはパソコン画面 SPはスマートフォン画面(iPhone11)

Google検索(PC)110文字まで表示

Google検索(SP)74文字まで表示だが、アイキャッチ画像などが表示される場合は65文字

Yahoo!検索(PC)110文字まで表示

Yahoo!検索(SP)74文字まで表示だが、アイキャッチ画像などが表示される場合は65文字

いかがでしょうか。

このように、推奨されている文字数以下の数字しか実際は表示されていないのです。

※この文字数は2021/1月現在です。また、半角英数字の有無や数で文字数は前後します。

また、今後も変更になる可能性が高いので、都度調整が必要です。この都度調整を行わないとSEOで一時的に上位に上がっても、また競争に負けて下がってしまう場合もあります。

さて、この文字数。

表示されていないということは、せっかくたくさん文字を記入してもユーザーに読んでもらえていない。

ということは、あなたが「このキーワードを入れておけば」や「この内容なら」とクリックしたくなるような内容を記載していても、

そもそも読まれていない場合もあります。

その為、私はこの文字数を意識してタイトルタグ・ディスクリプションタグを設定するのが今現在の最低限かと思います。

※もちろん、どうしてもこのキーワードは入れたい!!というのがあれば、私が推奨した文字数以上を記載していてもOKです。私自身、文字数オーバーしている記事もありますし笑

また、Googleはタイトルタグ・ディスクリプションタグへのキーワードの詰め込み過ぎを低評価する傾向があります。

その為、ご自身が入れたいキーワードと需要を考えて、本当に入れた方が良いキーワードを入れるのが正しいSEO対策への近道です。

※実はこのキーワード選定が一番大事なのですが、それはまた違う機会に。
※また2021/8月のGoogleアップデートでタイトルは、Googleの方で自動的に生成する場合があるとのこと。

これは、タイトルにキーワードを詰め込み過ぎたり、関係無いキーワードを入れている場合、
Googleが、ユーザーにとってそのページに相応しいタイトルを自動的に生成してしまいますね!
ということです。

そして、タイトルタグ・ディスクリプションタグに付随して大事なタグ h1タグのご説明もさせていただきます。

スポンサーリンク

h1タグを設定しよう!!

h1タグとは、見出しタグの1つです。WEBサイトは様々なコードを入力して作成されていることをご存知でしょうか。

html・php・cssなどなど。他にもたくさんございます。

そのコードではあらゆるタグを入力してWEBサイトの形を構成していくのですが、そのタグそれぞれにも意味があります。

上記でも説明した、タイトルタグ・ディスクリプションタグやh1タグ、他にもテキストを表すタグやリンクを表すタグなどなど。

これは、検索エンジンなどがこのタグが入っているということは、

「ここがタイトルなんだ!」「ここが説明なんだ!」と認識する為です。

SEO対策の基本-イメージ画像6

このタグの1つで見出しを表しているのがh1タグです。

このh1タグ、WordPRESSのテーマでは投稿ページや固定ページのタイトルがh1になっている可能性が高いです。

テーマによってはh1タグの設定がされていない場合もあります。

h1タグの設定がされていない場合や設定されていても、投稿ページや固定ページのタイトルになっていない場合はコードを直接編集しないといけないので、今回は省きます。

※ちなみにですが、この投稿ページや固定ページのタイトルと上記で設定しているタイトルタグは違います。

投稿ページや固定ページにもそれぞれタイトルタグなどは別途設定できます。簡単に言うと下記です。

SEO対策の基本-イメージ画像7

このように、h1タグとタイトルタグは使い分けが可能。

では、h1タグの文字数などはどうしたらいいかですが、特に指定はありません。

ただ、ページの見出しなので、普通に考えて多くても数30~40文字くらいでは無いでしょうか。

要はあなたがそのページを読む側だったとしたら、100文字近い長い文章の見出しを読みますか?

文字数が多かったら逆に不快を感じる場合もありませんか?

その不快がページ離脱に繋がる場合もあります。

その為、h1タグもキーワードを意識しながら、長すぎない文字数で形成できたら良いかと思います。

そして、タイトルタグ・ディスクリプションタグ・h1タグのことをSEOでは、3大要素と言っているのですが、

この3大要素のキーワードは同じものを使いながら、使い過ぎない。そして、文面も全く同じでは無いというが一番理想です。

私は下記のようなイメージで文面を形成しています。

▮タイトルタグ・・・検索された時に何を記載しているページか一目でわかりやすく、単語の羅列では無く、簡単な文章形式

▮ディスクリプションタグ・・・タイトルを読んだ人がクリックしたくなるように、タイトルに補足するイメージで誰でも理解できる文章形式

▮h1タグ・・・ページを開いた人が何を記載しているページかを認識できるような文面。内容によっては単語1つだけの見出しなども有り

いかがでしょうか。

この意識で、尚且つ推奨文字数内に納めるって結構難しい作業なのです。

今回は省いた作業のキーワード選定も意識してくると、さらにこの文面を作るのは難しくなります。

しかし、しっかりと考えて作ったら成果に現れる確率が高いです。

私自身、自社サービスの【シルク印刷専門のエールクエストプリント部】のサイトですが、

ドメイン取得から2か月(2021/1月時点)で「シルク印刷 大阪」で検索すると約 4,710,000 件中の8位(1ページ目)に表示されるようになりました。

(※もちろん、3大要素以外のSEO対策も取り組んでいるので、3大要素だけでは難しいかもしれませんが)

2021.5月12日キーワード選定についてのSEO対策の記事も作成いたしました。

SEO対策 検索順位上位になる為に、私がしたことをご紹介!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021年4月追記

上記の検索キーワードで2021年3月頃に一度2ページ目まで順位が下がりましたが、

4月時点で再び1ページ目に返り咲き、2021年5月時点で約 4,710,000 件中の5位(1ページ目)に表示されるようになりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このように、多くの人がSEO対策で入力しているタイトルタグ・ディスクリプションタグだけでも難儀です。

投稿ページや固定ページが多いサイトの方は、この作業で1日~数日かかるかもしれません。

逆に言えば、それだけ難儀な作業だからこそ、意外と出来ていない人が多いという事です。

ただ、出来ている人もたくさんいるので、最低限、SEOで効果を高めたい方はしたほうが良いかなと思います。

タイトルタグ・ディスクリプションタグ・h1タグだけで、これだけのカロリーを使うのに、他にもいろいろやらないといけないことが多いSEO対策。

ただ、結果が着いてくると苦でなくなってくるSEO対策。

ダイエットみたいですね。

では、今回はこの辺で。

タイトルとURLをコピーしました